おりものに症状がでる病気

黄色いおりものに陰部のかゆみ・痛み、臭いが伴う場合は性病の可能性大!

婦人科を受診する患者

おりものの量や色の変化は個人差が大きいため、なにが健康で、なにが異常かを知るためには平常時の自分のおりものがどんな状態であるかを観察しておく必要があります。

一般的に正常なおりものは、だいたい白色かクリーム色をしており、ショーツに付着すると黄色っぽく変色して甘酸っぱいニオイがします。変色してニオイがするのは、おりものが空気に触れて酸化したためですので心配いりません。

おりものの量は特に個人差が大きいのですが、一般的に排卵期に増え、月経前が少なくなります。おりものの中には「デーデルライン桿菌」という善玉菌がたくさんいて、性病(STD)の病原菌や大腸菌などが膣内で感染症を起こすのを防いでくれています。

清潔を心掛けるつもりでビデや石鹸で膣の中を洗いすぎると善玉菌がいなくなり、おりもの本来の自浄作用が損なわれてしまい、性病の病原菌や雑菌が感染・繁殖しやすくなります。するとおりもののニオイがきつくなったり、量が増えたり、異常な色(黄色、緑色、茶色ほか)などの症状が現れます。

なかでもおりものの「色の異常」、特に黄色いおりものを不安に感じる女性が多いようです。月経周期と関係なく、黄色いおりものに以下のような症が伴う場合には、性病をはじめとするトラブルが原因と考えられますので、産婦人科で診てもらいましょう。

黄色いおりものが出て悪臭がする場合、膣内に置き忘れたタンポン、コンドームなどの異物が原因で、雑菌(大腸菌やブドウ球菌など)が繁殖して炎症が起きていることが考えられます。セックスの後、コンドームの処理を怠ってそのまま眠ってしまったときなどは要注意です。異物を取り除いて膣内を洗浄すれば回復します。

黄色いおりものが増えて、かゆみを伴う場合、大腸菌、寄生虫などに感染して起こる「非特異性膣炎」が疑われます。女性は肛門と膣の入り口が近いので、肛門周囲の大腸菌に感染してしまうことは珍しくありません。

特にトイレで「後ろから前」に拭いている女性は危険です。間違った拭き方は小さい女の子によく見られるので、10代前半の女の子が感染することも珍しくありません。原因菌を特定したうえでそれに合った薬を使用すれば短期間で治ります。

濃い黄色(緑色・茶色)のおりものに泡が混じる、悪臭がする、陰部が猛烈にかゆい場合、原因としてはトリコモナス原虫の感染による「トリコモナス膣炎」という性病が疑われます。膣周辺が赤く腫れて痛みを感じたり、オシッコやお風呂のお湯が染みて痛いなどの症状も訴える女性がいる一方、ほとんど自覚症状がない女性もいます。

産婦人科では膣分泌液を採取して顕微鏡で調べることで、トリコモナスの感染の有無がわかります。トリコモナス膣炎の治療は、膣内をキレイに洗浄したうえで「フラジール」と呼ばれる膣剤(膣に挿入する薬)あるいは飲み薬で行います。

フラジールは比較的効き目が早く現れますが、おりものやかゆみの症状が消えた後も膣内にわずかにトリコモナスが生存している可能性があるので、処方された薬は全部使い切り、産婦人科でもう一度検査を行うことが大切です。

セックスを通じて簡単に感染するので、トリコモナスの感染がわかった時点で男性パートナーも同時に検査・治療を行うことが大切です。どちらか一方の治療だけでは、セックスで何度も感染しあう「ピンポン感染」を繰り返してしまいます。

黄色い膿のようなおりものが出る場合、クラミジアと並んで代表的な性病である「淋病」の可能性があります。ただし、性病全体が無症候化(症状がでない)している現在では淋病に感染した女性の半数は自覚症状がないとされています。

膿状のおりもの以外の症状としては、不正出血、性交痛、下腹部の痛みなどが出る場合もあります。激しい腹痛を伴う場合は、子宮入り口の炎症が子宮内膜や卵管にまで感染が拡大している恐れがあります。

子宮内膜に炎症が及んでいると、流産や早産のリスクが出てきますし、さらに奥の卵管にまで炎症が拡大していると、卵管が狭くなったり、完全に塞がったりして不妊症や子宮外妊娠を起こすリスクが生じますので、一刻も早く産婦人科を受診する必要があります。

近年、淋病で大きな問題となっているのが、フェラチオで女性の喉に淋病が感染し、喉の痛み、痰が絡む、発熱などの症状が現れることです。性器に淋病が感染している女性の20~30%は喉にも感染があるとされ、風邪と勘違いして医療機関の受診が遅れてしまい、治療が長引いたり、感染の自覚がないままフェラをして淋病を拡散させてしまうことがあります。

淋病の治療は、セフトリアキソン(ロセフィン)に代表される抗生物質を注射して治療しますが、抗生物質が効かない淋菌の割合が年々高まっており、2009年には風俗店で勤務する女性から既存の抗生物質が通用しない「スーパー淋菌」が検出されて、大きく報道されました。

淋病をはじめとする性病の感染を予防するためにはコンドームが欠かせませんが、フェラ経由で感染する傾向が強くなっているため、フェラの際にもコンドームをつけることが大切です。

淋病以外で膿のようなおりものが出る病気としては、化膿性の雑菌の感染が考えられます。

産婦人科は出産や不妊、子宮・卵巣の病気、性病などを解決します

女医なら相談しやすい

産婦人科医は、小学校低学年から高齢者まで、幅広い年代の女性のための「かかりつけ医」です。小さい女の子でも膣炎になることはありますし、早ければ小学校低学年でも初経があるので心配になることもあるでしょう。セックスを体験する年代になれば、妊娠や性病、避妊の指導も産婦人科の診療の一つとなります。

思春期の患者さんの症状で一番多いのは、月経のトラブル、次いで過度のダイエットによる無月経、ほかには月経痛、月経不順、おりものに関する悩みなどです。

月経による不快な症状(下腹部痛、頭痛、吐き気ほか)が、試験やスポーツ、旅行などのスケジュールに重ならないように低用量ピルの処方も希望する中学生や高校生も母親同伴で来院します。

20~30代になると、出産と不妊の治療、子宮筋腫や子宮内膜症などの子宮の病気、卵巣の病気を診察する機会が増えてます。若い年代に増えている子宮頸がんの検診のために来院する患者さんも大勢います。

更年期になると、卵巣の働きが一段落してホルモンバランスが乱れるため、のぼせ、ほてり、倦怠感、冷え、肩こり、イライラといった更年期障害の症状に悩まされる女性が増えます。また女性ホルモンの分泌低下で膣内が乾燥し、性交痛が酷くなる「萎縮性膣炎」の患者さんも産婦人科にはやってきます。

産婦人科の受診をためらう理由の一つに内診の問題があります。10代の女性では、子宮や卵巣の病気がある可能性はまずないから、内診を必要としないことの方が多いです。過度のダイエットを原因とする無月経や、月経不順、月経痛は、基礎体温、血液検査によるホルモンの測定、超音波検査で診断がつくケースがほとんどです。

超音波検査は、高い周波数の音波(エコー)を利用する検査方法のことです。超音波を発するプローブ(探触子)を腹部にあてて、反射する音波を画像に映し出すことで、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍の有無、妊娠の有無など、子宮や卵巣の病気・トラブルを視覚的に把握することができます。

思春期の女の子の場合、内診で子宮や卵巣の病気を診るよりも、貧血の有無、甲状腺機能、乳房の発育などの全身症状を診る方が重要なのです。ただし、15歳を過ぎても初経がないような場合は、内性器の奇形など内診でないとわからないこともあります。膣炎も内診をしないと診察できません。

セックスの経験がある女性で、妊娠や性感染症(膣カンジダ、クラミジア、淋病、トリコモナス膣炎など)の可能性があれば内診は当然必要となります。